洗顔は固形石鹸の方がいい!

ようこそ洗顔石鹸必勝一番館へ!洗顔石鹸っていうのは、実際にはどうなのか、実態を探るべくリサーチに乗り出しました!評判のデータを土台として、洗顔石鹸を掘り下げて探したので確認お願いします! - 洗顔は固形石鹸の方がいい!

洗顔は固形石鹸の方がいい!

実は洗顔には洗顔フォームよりも固形石鹸の方が良いとされているのをご存じでしょうか。理由を見ていきましょう。

洗顔フォームがいけない理由

洗顔フォームは、泡立てやすくするためにクリーム状になっています。クリーム状にするためには、本来混ざりにくい洗浄剤と水を混ぜるために合成界面活性剤というものが使われています。合成界面活性剤は必要以上の洗浄力があり、水で流した後も肌に残ってしまうものもあります。すると、角質層が破壊されて、肌が傷つきやすくなったり、肌荒れの原因になったりします。

洗顔後、つっぱらない感覚は、合成界面活性剤が肌に残っている状態の時です。一時的に保湿効果がりますが、長期的に見ると、肌の負担になってしまいます。

固形石鹸がいい理由

固形石鹸は、液体状やクリーム状ではないので、界面活性剤を含む必要がありません。洗顔フォームよりも泡立てにくいですが、泡立ちを良くする合成材などが含まれていない証拠でもあります。洗顔後に、つっぱり感を感じるかもしれませんが、汚れがしっかりと落ちて余分なものが残っていないということです。このつっぱり感は、肌機能を高くすることもあり、石鹸によってアルカリ性になった肌が弱酸性に戻ろうとする回復力が働いている時でもありますので、多少のものであれば、気にする必要はありません。

固形石鹸を選びましょう

5年後、10年後の肌を考えるなら、固形石鹸を選びましょう。良質な洗顔石鹸を選ぶことは、美肌にとって一番大切なことです。