洗顔石鹸必勝一番館~正しい洗顔の仕方について

ようこそ洗顔石鹸必勝一番館へ!洗顔石鹸っていうのは、実際にはどうなのか、実態を探るべくリサーチに乗り出しました!評判のデータを土台として、洗顔石鹸を掘り下げて探したので確認お願いします! - 正しい洗顔の仕方について

正しい洗顔の仕方について

いろいろな化粧品を試しているのに、なかなか効果が実感できずに悩んでいませんか。どんなにいい化粧品を使っていても、洗顔で手を抜いていては思うような効果は得られません。肌を美しくするために何よりも大切なのは洗顔です。正しい洗顔の方法を身につけましょう。
洗顔後のケアを見てみる

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸とタオル
洗顔には固形石鹸を選びましょう。液状やクリーム状の洗顔フォームには、水分と洗浄剤を混ぜるために合成界面活性剤が使われています。肌に負担をかける成分ですのでよくありません。無添加の固形石鹸を選びましょう。

弱アルカリ性の石鹸を選びましょう。皮脂や汗、垢などの汚れは賛成です。弱アルカリ性の石鹸ならきれいに汚れを落とすことができます。

石鹸の製造方法は大きく分けて2種類あります。焚き込み法や冷製法など、けん化反応を利用した製法と、中和反応を利用した中和法です。中和法によってつくられた石鹸は、けん化によってつくられた石鹸よりも変質しやすいです。けん化によって作られた石鹸を選びましょう。

適切な洗顔を

過度な洗顔は肌にダメージを与えます。酸化した皮脂やメイク汚れなど、肌に不要なもののみを洗い落とします。必要な皮脂や、うるおい成分まで流してしまっては、洗顔後の保湿ではカバーできないダメージになってしまいます。

きめ細かい泡を作ります。手で作るのが苦手な人は、泡立てネットを使うのがおすすめです。皮脂が多いTゾーンや顎から泡をのせ、指が肌に触れないようやさしく洗います。乾燥しがちな目元や口元はこすってはいけません。泡をのせるだけで十分です。すすぎはぬるま湯で行い、洗顔料が肌にのこらないよう十分に流しましょう。流した後は、清潔なタオルで、おさえるようにして水分を取ります。こすってはいけません。
参考:洗顔石鹸 人気 ランキング

洗顔後のケア

洗顔後は、肌の汚れがとれてきれいになりますが、潤いも不足して無防備な状態になっています。なるべく早く保湿を行うようにしましょう。

基本的なスキンケアは、洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリームの順に行います。しかし、普段から皮脂が多いと感じている人は、乳液やクリームは不要です。乾燥ぎみの場合は、化粧水で保湿をした後に、乳液やクリームでしっかり肌に蓋をして水分を閉じ込めるようにしましょう。

洗顔が一番大切

正しい洗顔をしっかりと行うことで、特別な化粧品を使っていなくても、肌は美しく健康に保たれます。いつも同じケアの方法ではいけません。季節や、その日の肌の状態に合わせて、洗顔とアフターケアを行いましょう。
洗顔石鹸の選び方を見る

洗顔の方法についての動画